鞍馬寺からのお知らせ


令和元年の五月満月祭は5月18日(土)です

《五月満月祭とは》
宇宙から強いエネルギーがふりそそがれるといわれる五月満月の夜に、満月に清らかな水を捧げ、心のともし灯を輝かせつつ、心身を清浄に保ち、自分と全てのものの目ざめと平安を祈る厳粛な祭儀です。祈りをともにする方はどなたでもお参りいただけますが、夜間山上で奉修する行事であり、以下の点にご留意ください。

《持ち物・服装》(次のような服装持ち物をお勧めします)
・懐中電灯(夜の参道は暗いです)
・寒さをしのぐことができる上着など(5月でも夜の山上は寒くなることがあります)
・歩きやすい履き物(参道は山道です。歩きやすい履き物でいらしてください)
・レインコート(突然天気が変わることがあります。雨具があると安心です)
・飲食物(夜間、山上では飲食物は販売しておりません)
・その他、ご自身が必要と思われる物

《おごそかで心地よい祈りのために》(祭儀の間、ご協力をお願い申しあげます)
・乳幼児のご参拝はお勧めできません(夜遅くなり、会場は混雑します)
・大きな音や声をたてず お静かに。
・飲食は、ご遠慮ください。
・動画・写真撮影・録音は出来ません。
・携帯電話は電源はOFFに。
・ペット同伴でのご参拝はできません。
・レジャーシートはたたんでお立ちください。

《ご注意》 
・休憩所(洗心亭)は19時で閉店いたします。
・当山に駐車場はありません公共交通機関をご利用ください。
・火気を使用することは、できません。(焚き火・ガスバーナー・コンロ・調理器具など)
 会場を離れる時は 心のともし灯をお消しください。
・ご参拝者用控室は、ご用意できません。
・明水をペットボトルなどに入れてお授けすることはできません。

《交通機関について》
・参拝者の皆様に明水をお授けし終わるのは、22時30分ごろになると思われます。(参拝者の数によって前後します)お帰りの
 交通機関のご案内は次の通りです。

叡山電車
鞍馬発21:09 → 出町柳着21:39
鞍馬発21:44 → 出町柳着22:13
鞍馬発22:14 → 出町柳着22:43
鞍馬発22:48 → 出町柳着23:17
鞍馬発23:17 → 出町柳着23:46
鞍馬発23:48(修学院行き)
出町柳行きの最終は23:17鞍馬発です
修学院行きの最終は23:48鞍馬発です

京阪電車
淀屋橋行きの最終特急は23:20出町柳発です。最終急行は23:25出町柳発です。
枚方行きの最終特急は23:58出町柳発です。
叡山電車から京阪電車に乗り継いで淀屋橋まで行くには、22:48鞍馬発の叡山電車に乗らないと間に合いません。ただし、淀屋橋行き特急に乗るには出町柳での乗り継ぎ時間が3分しかありませんので、ご注意ください。

京都駅行きの出町柳バス停発の市バス最終は21:35です。

以上

2012年記録用に撮影したものです

金剛床に描かれた「花びらろうそく」の曼荼羅

五月満月祭当日の予定並びに「心のともし灯」「お力の宝棒の護符」(一人一願成就祈願)のご案内申しあげます。

五月満月祭当日の予定

花びらろうそく「心のともし灯」

お力の宝棒の護符(一人一願成就祈願)

4月26日はケーブル定期点検のため午前中は運休いたします

いつもケーブルをご利用いただきありがとうございます。
27日は毎月のケーブル点検日になっています 27日が(土・日)の場合まえだおしして前日及び前々日に変更になります 午前中ケーブルは運休いたします ご迷惑をおかけいたしますが何卒宜しくお願いいたします

NEWS 信樂香仁貫主の新刊がでました!!

信樂香仁貫主著
『すべておまかせ』が、鞍馬寺・全国書店で絶賛発売中です。

年間30万人が救いと癒しを求めて参拝する日本屈指のパワースポット京都、鞍馬寺!
94歳の女性貫主が伝えるあるがままの生かされ方。

心あたたまる幸福論です。自然や世界の「めぐり」にすべてをおまかせしましょう。
すると悩みも苦しみも不思議となくなっていきます。

出版社 トゥーヴァ―ジンズ
2018年10月3日 四六版 1300円

11月6日(火)更新  11月10日(土)から九十九折参道が通行可能となりました

ご迷惑をおかけしましたが、九十九折参道(仁王門から本殿)が通行可能となりました。
それにと伴い、ご参拝の時間を通常通りとさせて戴きます。
○本 殿 開扉    9:00~16:30
○霊宝殿 開館    9:00~16:00
○ケーブル運行    山門駅 (上り) 始発・・・8:40
          多宝塔駅(下り)始発・・・8:45
           山門駅(上り)終発・・・16:30
          多宝塔駅(下り)終発・・・16:35

※ケーブル始発前、終発後は、九十九折参道をお歩き下さい。
 尚、奥の院方面は、安全第一と考えていますので、復旧の目処がまだ立っていません。
 深くお詫び申し上げます。
  

入山規制及び行事変更のお知らせ 9月24日更新

台風21号の影響のため多数の倒木や堂舎の倒壊などが生じ、九十九折参道・ケーブル新参道・奥の院参道が通行できず、
ケーブルも運行停止となっています。10月末頃には、往復ともケーブルを利用し、本殿にてご参拝いただけるよう
復旧に努めております。なお、九十九折参道。奥の院参道については目処がつき次第、お知らせいたします。
ご参拝下さる皆様の安全確保を最優先しておりますので、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

現在、午前9時~午後4時まで、普明殿(仁王門から50m先のケーブル乗り場)でご参拝できます。
ご朱印受付・ご祈祷・護摩木(受付のみ)・一部のお札守の授与をさせていただいています。
ご不明の点は、鞍馬寺寺務所(075-741-2003)にお尋ね下さい。

10月7日(日) 午前10時40分~ 礼拝と法話と写経 (修養道場)
       午後1時~   例月祭 (修養道場)
10月14日(日) 午前11時~   秋の大祭     (修養道場)  どちらも修養道場で開催します。

鬼一法眼社

双福苑

九十九折参道

奥の院参道 薬医門

平成30年 如法写経会( 8月1日~3日)

30名余りの随喜者が、3日間お山に参籠し、道場内の儀式作法は勿論のこと、生活もすべて「法の如く」に写経に打ち込む「法華経」を手分けして浄書し、自己内証の真我をさぐる浄行

1日 開闢正懴法、水迎・料紙迎、立筆作法、写経、夕座
2日 晨朝勤行、終日写経、夕座
3日 晨朝勤行、経筒奉納、開眼供養、十種供養、奉納

鞍馬寺参道