凍てつく朝

 お知らせ ページへ   

鞍馬寺 信樂香仁貫主 

 巻頭言 アーカイブスへ   

信樂香仁貫主のエッセー『観音さまの心』。やさしい語り口で観音の心を説く。 

鞍馬寺行事のお知らせ

2月 1日
午前10時 転法輪堂おつとめ(「法華懺法」)
  3日 午後2時 節分追儺式 (本殿)
古代 宮中で行われた追儺(ついな)を
かたどる方相氏、陰陽師、上御、殿上人
など王朝絵巻のように桃の弓で芦の矢を
射て目に見えぬ無形の鬼を追う
(桃も芦も古来より災厄を払う働きがある)
「芦の矢」「年の豆」をお授けしています
      (2時3日まで)
  7日 午前10時40分
午後1時
午後2時30分
礼拝と法話と写経 (修養道場)
例月祭 (本殿)
融通念仏百万遍会 (転法輪堂)
  14日 午前10時 転法輪堂おつとめ (「例時作法」)
  18日 午前10時40分 礼拝と法話と写経(修養道場
  28日 午前10時 光明心殿おつとめ (「護摩供」)
      鞍馬山霊宝殿(博物館)は
冬期休館中です

※鞍馬山ケーブルは、改修工事終了。平成28年5月20日午後2時より、運行します。

 『枕草子』で清少納言が「近うて遠きもの鞍馬の九十九折の道」と記した参道を登れば、山門から本殿金堂まで30分程の道のりです。

 鞍馬山の霊気を胸いっぱい吸い込み、九十九折り参道を辿り、義経史跡や諸堂をご参拝いただければ、学びと修行の道となるでしょう。